白いメモ帳と黒い鉛筆

アクセスカウンタ

zoom RSS OECDが語る日本経済の危機

<<   作成日時 : 2009/10/03 09:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

資本主義は実体(実態)を覆い隠し、”根拠のない安心”を広めるだけでも経済が発展することがあるというのが特徴のひとつだと思う。しかし日本はもう覆い隠しきれないところまできている。



こんにちは、流しうどんです。



偶然ですが、OECDで出されていた日本を対象とした経済に関する報告書が出されていました。
日本語のサマリがあるので、是非一読してみてください。
<http://www.oecdtokyo.org/theme/macro/2009/20090930japansurvey.html>


国内に流れる情報では分からない、かつ第3者による客観性の高い情報がまとめられています。



今後、日本はどうあるべきか?

民主党の政策はこの事実を受け入れたものになっていない。

もはや国という線引きはあるようでない。

マーケットは世界中で、競合も世界中にいることを認識して、競争力を高める施策を講じるべきだと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
OECDが語る日本経済の危機 白いメモ帳と黒い鉛筆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる