白いメモ帳と黒い鉛筆

アクセスカウンタ

zoom RSS ウォーレン・バフェットが2.4兆円の投資をしたそうな

<<   作成日時 : 2009/11/07 06:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

金額もさることながら、”のびしろ”があまりないと思われる産業に対する投資というのが興味をひかれます。



ども、流しうどんです。



ウォーレン・バフェットが大規模な投資を行ったようです。



gooニュースより引用(問題でしたら削除します)
---
大富豪、大ばくち 米鉄道2位に“賭け金”2.4兆円…ルーレットどう回る?
2009年11月6日(金)08:05
 【ワシントン=渡辺浩生】米国の著名投資家、ウォーレン・バフェット氏(79)が率いる投資会社バークシャー・ハサウェイが4日までに、米大手鉄道会社バーリントン・ノーザン・サンタフェの買収を発表した。投資額は266億ドル(約2兆4千億円)。バフェット氏にとって人生最大の株式投資だ。米経済の回復や石油価格の上昇を追い風に、車社会の米国で衰退を続けた鉄道産業が再び成長軌道に乗る? その投資判断に多くの関心が集まっている。

 ●すべての株式買収


 「すべては米国経済の将来に対する賭けである」。バフェット氏は声明でこう述べた。バークシャー社はすでにバーリントン社の株式の22・6%を保有。今回の投資は、残り77・4%について、現金と株式の交換により1株当たり100ドルで買収するもので、全保有株式の価値は440億ドルに相当。バーリントン社の債務100億ドルも引き継ぐ。


 同社は米鉄道2位で、穀物や石炭などの貨物輸送では最大手。買収発表後、ニューヨーク株式市場は鉄道株が軒並み上昇した。


 世界的な大富豪で慈善家のバフェット氏は、長期投資を基本姿勢とする投資哲学で知られる。


 昨秋以降の金融危機では、米ゴールドマン・サックス株を購入して経営危機から救ったほか、「今こそ米国株を買いなさい」と奨励していた。


 ●交渉たったの15分


 なぜ今、鉄道会社が買いか。バフェット氏は英紙フィナンシャル・タイムズに対して「経済の調子が良ければ、底堅いビジネスだ。私は経済が良くなると信じているよ」と語っている。


 米経済は2009年7〜9月期に5期ぶりにプラス成長へと回復した。まだ景気の足取りは不透明だが、バフェット氏は、米経済が危機を完全に克服し、持続的な成長軌道に乗ると確信しているようだ。


 経済活動が活発化すれば陸上輸送の需要は増す。石油価格の上昇や、地球温暖化対策の進展で、輸送の主役はトラックから鉄道へ回帰する可能性もある。しかも、バフェット氏が支持するオバマ大統領は4月、環境対策と雇用創出を兼ねて、米本土の主要都市を結ぶ高速鉄道整備に巨額の予算を投じる計画を発表。その追い風も無視できない。


 鉄道は、自動車産業と違い「海外経済からの競争圧力を受けない」(米紙ウォールストリート・ジャーナル)。競争相手が少ない良好な銘柄を割安なタイミングで購入するのは、長期保有を重視するバフェット氏の投資の極意に沿ったもので、10〜20年先の利益を見込んだ判断だった。ただ、交渉は「15分間」のスピード成立だった、とCNBCテレビに語っている。

---


全株取得なら4兆円をはるかに上回る投資となるだけに、その行方は大いに注目されそうです。

成熟し、衰退の傾向をたどっていた産業に対する投資である点も個人的には注目しています。



ですが、したたかな選択というよりは、慈善的な要素を含んでいるようにも思います。

もしかしたら市場メカニズムを通した貢献の姿なのかもしれません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ウォーレン・バフェットが2.4兆円の投資をしたそうな 白いメモ帳と黒い鉛筆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる