白いメモ帳と黒い鉛筆

アクセスカウンタ

zoom RSS 保育園の闇。国は自らの政策で”小児の格差”を作り出している

<<   作成日時 : 2009/11/16 18:02   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

この話は以前から知っていましたが、サービス産業に規制が多いことの具体例です。



ども、流しうどんです。



この話に触れたネタが乗っていたのでちょっとコメントしてみようと思います。
どこの業界でも似た構造が出来上がっていますね。ほんと。


Yahooニュースより引用(問題でしたら削除します)
---
新規参入は断固阻止!!保育園業界に巣くう利権の闇(上)

保育園に入れない子どもが増加している。その一方で、保育園の新規開設は遅々として進んでいない。株式会社などによる新規参入に、既存の保育園が政治力まで使い反対してきたからだ。その背景には、既存の保育園の経営が利権化し、職員の待遇が恵まれていることがある。保育園業界の闇を追った。

 経営感覚ゼロでも客が万来し、税金はかからず、補助金はジャブジャブ。職員には、高給取りがごろごろいる。100年に一度の不況など、どこ吹く風──。

 今どき、そんな夢のような業界がある。保育園業界だ。

 なにしろ保育園の需要は急増している。2009年4月時点で、認可保育園に申し込みをしているが入園できない待機児童数は、全国で約2万5000人。しかも、この1年で29.8%増と過去最大の増加を示している。

 さらに、はなから諦めて申し込みをしていない潜在的な待機児童数は80万人と推計される。

 これだけ需要があるのに保育園はなぜ増えないのか。その答えは、新規参入の難しさにある。保育園業界が、新規参入を断固として阻止しているのである。

 保育園には、認可保育園と認可外保育園がある。認可保育園は文字どおり自治体の認可を受けたもので、国や自治体から潤沢な補助金を受け取っている。国費だけでも、年間3000億円程度が認可保育園に投入されている。

 認可外保育園には、一部に東京都独自の補助金を受けられる認証保育園などがあるが、多くが補助金をまったく受けられないベビーホテルなどで、設置は自由だ。

 認可外保育園が全国で約7300なのに対して、認可保育園は約2万3000。さらに、認可保育園は、自治体による公立認可保育園と社会福祉法人などによる私立認可保育園に分かれ、その数は半々である。

 そして、認可保育園と認可外保育園の経営には、天国と地獄ほどの差がある。認可保育園の経営は楽で非常においしいのだ。

 認可保育園は認可外保育園がもらうことのできない巨額の施設整備費を受け取っているため、園舎は立派で、園庭も大きい。それでいて、月謝の平均は約2万円と安い。これも補助金のおかげだ。

 たとえば東京都では、私立認可保育園で約30万円、公立では約50万円を、0歳児1人当たりの保育費用として毎月補助している。だから、月謝が安いのだ。

 一方、都心の認可外保育園の多くは、雑居ビルで運営され、0歳児の月謝は6万〜7万円かかる。

 これだけ差があれば、認可保育園には黙っていても園児は集まる。そして、園児が集まれば、それだけ多くの補助金が入ってくる。

 おかげで、認可保育園の経営者に経営感覚は育ちにくい。「複数の物品の納入業者から見積もりを取って、値引きさせるという当たり前のことすらやらない園もある」(認可保育園関係者)。

 さらに、保育園経営が“利権化”している面もある。

 私立認可保育園の多くは社会福祉法人によって運営されている。社会福祉法人は地域の篤志家などが自らの財を提供して設立し、保育園運営を始めたケースが多い。

 しかし、補助金事業で公的側面が強いにもかかわらず、後任の理事長も自ら決めることができる。現在では、二代目、三代目と、後を継いでいる保育園も多い。また法人税を支払う必要がなく、一族を職員として雇うことも多い。

 儲けの裏技もある。私立認可保育園の職員の給与の支払いにも補助金が投入されているが、その額は、およそ世間一般での“大卒で30歳程度”に設定されている。

 ところが、一部の私立認可保育園では、女性職員は30歳までに辞めるように仕向けつつ、なるべく若い職員を中心にして人件費を抑えている。実際の賃金と補助金との差額が、利得になるからだ。

 さらに、社会福祉法人の理事長は給与額を自分で決めることができる。こうして「合法的に私腹を肥やす」(認可保育園関係者)のだ。

---


親の立場として、どのような保育園に子供を入園させたいと思うでしょうか?


サービスの内容から、子供の成長を期待させてくれるところに入れたいでしょう。

また、コストが満足のいくラインであることも望むでしょう。



しかし、国の政策によって市場は歪められ、適切に需要に応えることが出来なくなっている。

厚生労働省の統計によると、共働きの世帯が増えている一方で、保育所の利用も増加傾向にある。
相互の相関については語るべくもないだろうが、需要はここでは見えない。
また、統計には1兆円超の公費が投入されているとある。



質の悪い保育園が作られるのは問題であるが、ここは法治国家としてシンプルかつキーになる要点について基準を定め、義務付ければ良いのではないだろうか?

後はサービス内容について個別に趣向を凝らさせ、それを親がコストと比較しながら選択させるのがあってなんぼの姿ではないかと思う。

その環境におかれることで、保育園の運営におけるムダが徹底的に省かれ、コストも抑制させることも出来る。サービスの質で勝負をする保育園もあれば、コストで勝負する保育園があってもいいではないか。




もはや、国が意図的に”小児の格差”を作り出している状況であると言っても過言ではないだろう。
サービス産業への規制による生産性の低下を招いているばかりでなく、国民の成長機会を毀損するというのはどうかと思う。


子供手当てなる中途半端な政策を掲げず、日本をどのような国家にしていくかビジョン、戦略を明確に打ち出し、それに基づく判断を下してもらいたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
保育園の闇。国は自らの政策で”小児の格差”を作り出している 白いメモ帳と黒い鉛筆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる